ホームページ作成 ホームページ集客 独立開業準備 集客・営業

ホームページ集客 その3、3つのNOT攻略

投稿日:

今回は訪問鍼灸マッサージの

ホームページの中身について書きます。

 

ネット集客の方程式
1:魅力的なホームページ×2:有料アクセス-3:ライバル=電話でのご依頼

となります。

電話でお問い合わせがあった後の
「電話対応」は依頼を成約に変える一つのポイントではありますが

一旦置いておきます。

1:魅力的なホームページとは

一言で言えば
「質」です。

A:ファーストビュー
ヘッドコピー・先生の顔写真が出ているか・その写真は明るく爽やかか
何屋さんか一発でわかるか

B:オファー
無料体験など

C:
レスポンスデバイス
お電話はこちら、など

が大事な要素になります。

見込み患者さんの心理にも
3つのNOTがあります。

1:読まない
2:信じていない
3:だから動かない

です。

ただしそれぞれに対策があります。

1:読まない対策
だから
あなたの悩みにズバリ響くヘッドコピー
先生の顔写真が出ているか
その写真は明るく爽やかか
何屋さんか一発でわかるか

2:信じない
だから
お客様の声
メディア掲載実績
推薦

3:動かない
だから
緊急性限定性
毎月〇名様

などで対策します。

ただし
業種によって色々な規制があるかと思いますので
自己責任で判断していってください。

以下
高城の意見

個人や小規模の訪問治療院さんにとって
一番重要なのは
何と言っても

ファーストビューです!
(ホームページを開いた瞬間にうつるもの)

なぜなら
お電話をしてくる患者さんは
悲しい事に
あなたの治療技術が凄いかどうか
まだわかりません。
(治療技術はあったほうが良いに決まっています)

うちは数年間
対面営業を一切していませんが
ご依頼を頂きます。

ご依頼を頂いた方に
(患者様ご家族様やケアマネさん)

「なぜ大手や他の営業が沢山くる中で会ったことも無いうちを選んでくださったのですか?」と聞くと

「家に上げても大丈夫そう」
「おばあちゃんを大事にしてくれそう」
こんな答えが圧倒的に多いです。

もちろん時にはリハビリのニーズや
口コミなら寝たきりの○○さんが立ったと聞いたとかあるのはあるのですが

最初の
「生の声」は案外

安心・安全そうな人だったから
です。

そこそこ勘の良い治療院さんなら
ホームページに書いてある文言なんてほぼほぼ
同じような内容が書いてあります。
脳梗塞がどうとか
リハビリにも強いとか

それはそれで大事なのですが
素人目線では
同じような事が書いてあって
誰がスキルや知識が高いなんて
判断しようがありません。

そこで
安心・安全を求めている心理からすると

「誰が家に上がってくるのか」

ここを気にされているという事に
気づいてほしいです。

その点で
だから
ファーストビューで
笑顔で
清潔感があって
布団に上がらせても大丈夫で
まさか悪さしなくて
少々家をあけても大丈夫か
が重要という事です。

個人の先生が
私が責任をもってお伺いします!
ニコッと
爽やかな笑顔で
清潔感もある

これに勝るものは
どんなホームページ内のテクニックを駆使しても
勝てません。

大手さんや施術者をたくさん抱えている治療院さんは
誰が来てくれるか分からないので

で、結局誰がうちの家に来てくれるの?
いい人もいるかもしれないけど
変な人に当たるのはイヤなんだけどと
なってしまうので

先の個人の先生には
同じホームページの構成であれば
その中身で勝つことが出来ません。
(もちろん個人から複数の施術者になる際は話が違ってきますが)

もちろん
基本的な構成が出来ていての話ではありますが

ファーストビューや
ご依頼者さんの
「検索キーワードに現れない生の声」を
もっと大切にすると
上手くいくかもしれませんね(^^♪

それではまた

髙城

-ホームページ作成, ホームページ集客, 独立開業準備, 集客・営業

Copyright© 訪問鍼灸マッサージ独立開業支援相談所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.