開業準備

訪問鍼灸,訪問マッサージ出張届/施術所の開設届とは

更新日:

出張届/施術所とは

提出期間=開設後10日以内に

提出場所=各市区町村の保健所で

1・「出張施術業の開始届」または

2・「施術所の開設届」

いずれかを提出する必要がある届出。

なお提出書類の雛形は各保健所に行くと貰うことができます。

※書式は各市区町村によって異なるので開設した地域の保健所でもらってください。

 

以下で更に詳しく解説します。

 

 

出張届/施術所の開設届簡易比較表

ご自身が鍼灸師、マッサージ師のいずれかの資格をお持ちでない場合は2・「施術所の開設届」一択になりますが

有資格者の方はどちらにするか迷うかもしれませんのでそれぞれのメリットデメリットを簡単に比較表にまとめました。

 

出張届 施術所開設届け
雇用 出来ない 出来る
初期費用 新たにかからない 持ち家や既存店舗がなければかかる
現地調査 ない ある

 

Q:出張届けと施術所の開設届けどちらが良いですか?

A:結論、ケースバイケースだが、とりあえず出張届けがオススメ

人を雇用する予定がなく持ち家ではなく賃貸にお住まい→1・「出張施術業の開始届」

人を雇用する予定があり持ち家で新たな出費が必要ないまたは近い→2・「施術所の開設届」

となります。

 

動画で学びたい方はこちら

 

以下さらに個別に深掘り開設しますね。

出張届けのメリットデメリット

メリット

お金がかからない

手続きが簡単早いです

 

デメリット

スタッフ登録できない

出張業務しかできない

鍼灸マッサージの割引券が使えないです

 

さらに深掘り解説

 

出張届けは

鍼灸師マッサージ師の利便性を図って

自宅を施術所代わりに登録できる事で

新たな費用が発生しなかったり

出張業務を行いやすくする

優遇された制度

 

その目的の通り

新たに物件を借りなくて済むので

お金がかからず

 

物件探しをしなくてよいですし

現地検査がないので

容易に始められます

 

一方

あくまで自分の自宅からの出張専門

という位置付けですので

 

自分以外のスタッフを登録できなかったり

市区町村から発行されている鍼灸マッサージの割引券は出張業務では使えないことが多いです

 

動画で学ぶ方はこちら

 

施術所開設届けのメリットデメリット

メリット

雇用ができる

施術所内で施術ができる

信用がある

 

デメリット

開設に時間がかかる

お金がかかる

動きが重たくなるです

 

動画で学ぶ方はこちら

 

さらに深掘り解説

組織展開を数ヶ月から1年後に考えている

通院できる治療院もやりたいなら

最初から開設届けで施術所を持つのも良いでしょう

 

一方

物件探しで

思ったような物件があればよいですが

条件を満たし

気に入ったものがなければ

スタートがもたつくこと

 

住む家とは別に毎月支払いや

敷金礼金などの初期費用が発生し

お金がかかる

 

立入現地検査があるので

施術所の開設要件を満たすことと

その検査に立ち合わなければならないことが

デメリットとして挙げられます

 

なお開設要件とは

構造設備基準という法律があるのですが

 

1:構造設備の設置基準

構造設備の設置基準

1.6.6平方メートル以上の専用の施術室を有すること。

2.3.3平方メートル以上の待合室を有すること。

3.施術所は室面積の1/7以上に相当する部分を外気に開放できること。ただし、これに代わるべき適当な換気装置があるときはこの限りでない。

4.施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること。

5.施術室は、住居・店舗等と構造上独立していること

6.施術室と待合室の区画は、固定壁で完全に仕切られていること。

7.ベッドを2台以上設置する場合には、各々カーテン等で仕切り、患者のプライバシーに配慮すること。

 

2:専用施術室の確保について

専用施術室の確保

「あん摩マッサージ指圧、はり、きゆう」の施術所と「柔道整復」の施術所を併設する場合、それぞれの業務に専用の施術室が必要。

同一の施術所で「あん摩マツサージ指圧・はり・きゆう」と「柔道整復」の施術を行う場合において、従事する施術者が1人であり、かつ、双方の免許を有する場合には専用施術室の設置を1室とすることも可能です。(一人施術特例)

また専用の施術室内で法定外業務(整体など)はできない。

 

3:衛生上の措置

衛生上の措置

1.常に清潔に保つこと

2.採光、照明及び換気を十分にすること。

 

といった基準を満たす必要があります。

 

賃貸物件を借りてしまってから基準を満たさないと大変ですので

目ぼしい物件が見つかったら契約前に保健所に図面を見てもらって要件を満たしているか確認する事をオススメします。

 

また

現地調査は保健所の繁忙具体にもよりますが

おおよそ2週間から1ヶ月以内ぐらい後に行われることが多いでしょう。

ちなみに私の時は2名の保健所の方が来られて5分ほど施術所内の要件をチェックして無事終了しました。

 

参考:東京都世田谷区施術所等の手続きについて

参考:大阪市施術所開設等の手続き

※各種手続き及び申請は都道府県/市区町村によって異なる場合があります。あくまで基本的な事を記載しておりますので詳しくは各申請先へ必ずご確認ください。

出張届/施術所の開設届の事が理解できたら

お疲れ様でした保健所への出張届/施術所の開設届のことは理解できましたか?

次は保険を取り扱う上で重要な受領委任の届出について学んでいきましょう!

 

まとめに戻る訪問鍼灸,訪問マッサージ開業失敗しない各種届出まとめ

次の記事訪問鍼灸,訪問マッサージ受領委任の届出とは

訪問鍼灸開業マニュアル&訪問マッサージ開業まとめ&セミナー勉強会

訪問鍼灸,訪問マッサージ開業マニュアル無料ダウンロード

訪問鍼灸,訪問マッサージ開業セミナーのご案内

-開業準備

Copyright© 訪問マッサージ開業相談所,訪問鍼灸 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.