リピート戦略

リピート戦略3の法則

投稿日:

訪問鍼灸マッサージの

リピート戦略について
書きたいと思います。

 

訪問鍼灸
訪問マッサージに関しては

 

患者さんの立場からすると
家や施設に来て施術してくれるだけでもありがたい!
という方が多いので

比較的リピートに関しては
他の形態にくらべて
難しくないです。

 

例えば
週に2回
火・金の
13時からと

一度決まってしまえば

 

・入院
・転居
・死去

 

以外の理由では
中々終了とはなりません。

 

上記3つの理由であれば
致し方ない終了理由と捉えてもまずは良いでしょう。

 

平均継続期間は
一般的に
18か月と言われています。

 

もちろん
寝たきりの人が
外出もできるようになって
身体的に望み通りの生活が取り戻せて
往療対象外となり
施術終了・・・

 

これが1番望ましいです。

 

これまで私も
往療患者様の
多くの方をこのパターンで
こちら側から
施術終了にしてきました。

 

これだったら
良い口コミが広まって
リピートしなくても
新規の患者様が増えるので
別に経営としては心配ないですね!

 

しかし
一般的には

ホスピスだったり
緩和ケアだったり
指定難病や寝たきり
西洋医学での治療をやり切って
もう何でもよいから楽にしてくれ!!

 

すごく大きな改善が望めないケースが多いかと思います。
(施術家として諦めるという意味ではないしもちろん改善に全力を傾ける)

 

そうなると
長い期間リピートをすることになるのですが

 

そこで
3の法則が働きます。

 

3日坊主とか
3週間続いたら習慣化できるとか
3年付き合ってるんだから結婚を考えてくれてるの?とか
3年で卒業とか

 

3というのは
物事の区切りに丁度良い数字になりますし

 

どんなに好きな事でも
ずーーーっと続けていると
「飽きる」という現象が出てきます。

 

えっ
医療や身体に関わることでも「飽きる」ってあるの??

 

あります。

 

人間だもの。。。

 

医療だろうが

身体の事だろうが

毎日毎日同じことを繰り返していたら
基本的には飽きます。

 

そこで
対策としては

3の法則に従って

 

・無料体験から3日以内にサンキューレター
・初回施術から3週間に労いのおハガキ
・初回施術から3か月目にラブレター

 

これを行います。

 

例として

・無料体験から3日以内にサンキューレター

○○さんのお悩みを詳しく聞かせて頂いてありがとうございます!
そのお悩みに対してシッカリ向き合って参りますね!

 

 

・初回施術から3週間に労いのおハガキ

○○さんの○○の部分が良くなっていますね!
○○さんに喜んでいただけます様努めて参りますね!
(些細な変化でもシッカリ伝える。ウソをつけという事ではない。ご本人が自覚していない変化も多い。良くなっている点をキチンと伝えるだけでも喜ばれる方は多い)

 

 

・初回施術から3か月目にラブレター

○○さん
○月○日は何の日か覚えていらっしゃいますか?
この日は○○さんに初めて施術に入らせて頂い日です。

もちろん○○さんのお悩みやお身体をよくすることが私の努めですが
実は○○さんに施術させて頂き

○○さんの時折見せてくださる笑顔に
私の方が元気をもらっています。
本当ですよ!

また入り口に飾ってある○○さんの手作りの○○を見るのが大好きです。

これからも○○さんの昔話を聞かせてもらう事を楽しみに
私もシッカリをお悩みに向き合い続けて参りますね!

これからもどうぞよろしくお願いします!

 

以上。

 

このように
それぞれ3の場面に適したおハガキやお手紙を書いてあげると

 

あなたの気持ちを「感」じて心が「動」く

「感動」して下さって

飽きるどころではありませんね(^^♪

 

 

患者様も
私の事をシッカリ頭の中にいれて考えてくれている
「向き合い続けてくれている」ことが何よりうれしく

そんなあなたと一生お付き合いしたいことでしょう

 

それではまた

 

高城

 

-リピート戦略

Copyright© 訪問鍼灸マッサージ独立開業支援相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.