全体像 独立開業準備

訪問鍼灸マッサージの全体像

更新日:

訪問鍼灸マッサージを開業・導入したいのだけれども
何からしたら良いか分からない

こんなお声を
多数いただきまして

順序だてて
説明していければと思います。

まずは
【訪問鍼灸マッサージの全体像】
ということで
もう開業して軌道に乗っている方は
今日はスルーして頂いて

これから開業
もしくは開業したての方向けの
お話しになります。
「訪問鍼灸マッサージとは」

鍼灸師
按摩指圧マッサージ師いずれかの
国家資格を持った施術者が

医療保険を使って
1回約320円~約580円ほどで
(交通費込み)

通院が困難な方の
ご自宅や施設内で
施術を約30分ほど行う
サービスです。

今後の
超高齢化社会にマッチし

「成功する4つのポイント」

1・利益性が高い
2・在庫がない
3・初期費用が少ない
4・毎月の安定収入が見込める

今最も倒産しにくく
成功しやすく
1度軌道に乗ると
中々売り上げが落ちない
最高のビジネスモデルと言っても過言ではないでしょう。
仮にあなた自身がいずれかの
資格をお持ちであれば

1・利益性が高いとは

ガソリン代
月5000円

バスタオル代
5000円ぽっきり

鍼灸など
材料費1000~1万円

家賃
住居を出張所登録を保健所ですれば0円
(登録は30分ほど驚くほど簡単)

傷害保険
年間7500円から1万5000円ほど

電話代
自前の携帯電話でもオッケー
最近はインターネット回線で固定電話の契約も
かなり安い!!

など

仮にケータイ代が1万して
他の費用を月割りしても

月々
3万ほどしか経費がかからない!!のに

1人の施術者が
9時18時で
10~13人
月~金なら85~95万ほど

月~土なら100万ほどの売り上げが見込め

100万の売り上げに対して
経費2万円なんてことが
現実に起こってきます。

2・在庫がない
あなたが免許所持者なら特に在庫も何もありません
あなたが商品です!!

3・初期費用が少ない
先の1であげた経費に挙げたものぐらいです

4・毎月の安定収入が見込める

「これが最大のポイントです」

実費店や
急性外傷を見ているなら
基本的に
このリピートが超困難で

何らかのキャンペーンを行って
一時的に売り上げが上がっても

また翌月
1から売り上げを上げていくこのしんどさ!!

それに比べて
訪問鍼灸マッサージは
基本慢性疾患で
外出困難な方が対象なので

介護サービスと同じように
1度ヘルパーさんが
火・金の週2回
あさ10時から

と、決まってしまえば
お亡くなりになるまでか
施設や入院されるまで
ほぼ一生リピートされます。

ですので
「障害顧客価値」=LTVライフタイムバリューと言って
お一人の患者様が生涯その訪問鍼灸マッサージに費やす費用は
約50万円となります。
(単価約3200円×週2回で月8回×平均継続の18カ月として計算した場合)

私が数年前に聞いた時は
あの
ディズニーランドでさえ
平均リピート回数7回らしいです。

7回でチケットが7000円としても
約5万円

しかも
あの壮大なセットやイベントの広告費、人件費・・・

それを思ったら
本当に恵まれている
奇跡のモデルですね!

それではまた

高城

-全体像, 独立開業準備

Copyright© 訪問鍼灸訪問マッサージ独立開業相談所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.