大阪府 療養費支給申請書レセプト

返戻事案「発症又は負傷の原因及びその経過」についての記載

投稿日:

こんにちは!
高城(たかぎ)です。
最近こんなご相談を数件頂きました。

お世話になっております。
レセプトの
「発症又は負傷の原因及びその経過」について
ずっと空欄で出していましたが
今回「記載が必要です。(他にもありますので今後記載ください。)」と返戻になりました。
問い合わせたところ、今まであまりにも未記入が多くそのままになっていたが、国が記入欄を作っているということは記入が必要との判断で1枚だけ返戻で今後は全部記入してくださいという話でした。
ネットで記入例を調べたら、やはり「記入の必要ありません」となっているのもありましたがどのように記載すれば良いのでしょうか?

といったご相談です。

ーーーーーーーーーーーーー
11月中旬〜下旬日程追加!
続々とお申し込みされています。

【初心者限定】訪問鍼灸マッサージ相談体験会&説明会
ご案内はこちら
https://onayamisodan.com/houmon/
お申し込みはこちら
https://ex-pa.jp/item/27837

ーーーーーーーーー

10月下旬辺りから
同様のご相談を大阪の方から複数いただいていたので

(1)どのように記載すれば良いか具体例は?
(2)大阪だけのルールなのか全国ルールなのか?

これら2点について解説いたします。

(1)どのように記載すれば良いか具体例は?

「原因不詳 施術後改善」といった具合で良いかと思います。

(2)大阪だけのルールなのか全国ルールなのか?
大阪だけの追加ルールのようだが
今後全国的にルール化される可能性があるので
今から書いておくに越したことはない

「以下深掘り解説」

先月から同様のご相談が数件ありました。
全て大阪の治療院で
大阪の国保連合会がその通知を大阪の治療院さんに順次電話しているようです。

全国的に書かなければならないのか?と
厚生支局東京支部に直接先月下旬に高城が電話確認したところ
必須で記載の決まりはない。
空欄だからといってこれまで返戻不支給とは今のところならないが
わざわざ空欄があるので記載することが望ましい。
ただし
各保険者の裁量の範疇なので
大阪の国保連合会がそう言ってきているなら
その通達に従わずに返礼不支給になることはあり得る。
よって
その空欄は今後埋めるべき
となります。
(ちなみに私も今まで空欄でした。)

書き方ですが
決まった書き方はなく
レセコンによってその欄の定型文が存在するものとないものがあるようです。
ちなみに定型文がある人に聞くと「不詳」とだけパソコンより印字していたとのことでした。(横浜)

基本的には先述の通り
発生日時が不詳なら不詳(同意書に準ずる)
経過については改善があることを記載する方が望ましいでしょう。(医療保険は基本的に改善するものに支給されるから)

同様のご相談をいただいた際に
長期的に見てだんだん弱っていくのに改善と記載できないのではないか?という懸念を頂いたのですが
それなら

「不詳 施術後一時的に改善」という書き方なら真実を書いているので良いのではないかとお伝えしております。

高城

ーーーーーーーーーーーーー
11月中旬〜下旬日程追加!
続々とお申し込みされています。

【初心者限定】訪問鍼灸マッサージ相談体験会&説明会
ご案内はこちら
https://onayamisodan.com/houmon/
お申し込みはこちら
https://ex-pa.jp/item/27837

ーーーーーーーーー

 

-大阪府, 療養費支給申請書レセプト

Copyright© 訪問鍼灸訪問マッサージ独立開業相談所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.