保険者対応 受領委任 東京都 福祉医療

東京都7月から個人でも可能の見込み。福祉医療の取り扱い

投稿日:

ご質問を頂いたので
東京都の福祉医療の取り扱いに関して
直接電話で問い合わせてみました。
 
 
福祉医療
つまり
マル障などの取り扱いに関して
 
 
結論から申しますと
 
ーーーーーーーーーーーー
移行期なので
正式な回答はできないが
7月から個人でも団体に所属せずに取り扱える見込み
6月中にホームページにて公にする予定
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/joho/soshiki/hoken/iryojyosei/index.html
ーーーーーーーーーーーー
 
これまでの東京都の福祉医療
「代理受領」→東京都の審査を通った特定の団体/協会からしかマル障取り扱いできず
 
7月以降(予定)の東京都の福祉医療
「受領委任」→福祉医療の受領委任開始予定(通常の療養費の受領委任とは別物)所属団体なしでも個人で取り扱い可能
 
ーーーーーーーーーーーー
 
当協会も東京の会員さんが増えてきたので・・・
 
Q:
当協会も東京都の福祉医療の取り扱い契約可能かを相談
→
A:
代理受領の審査や書類提出の間に7月になり個人での取り扱いが可能になる予定の為、今のタイミングだどお待ち頂くほうが結果的に早い
 
ーーーーーーーーーーーー
 
ということでした。
 
 
ちなみに
通常の療養費の受領委任と
福祉医療の取り扱いのための受領委任は
別ものですので
個別に取り扱いの契約をする必要があります。
 
 
特定の団体に所属していなくても
公的な受給者証を
取り扱えるのは
公平性がありますね
 
 
参考まで

 

今後も厚生労働省のはじめ重要情報や速報を無料で受け取る

https://maroon-ex.jp/fx45926/sE41Ct

-保険者対応, 受領委任, 東京都, 福祉医療

Copyright© 訪問鍼灸訪問マッサージ独立開業相談所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.