償還払いと受領委任払いの違い。かんたんまとめ

「償還払い簡易例」

(患者さんが1割負担の場合)

 

1:患者さんがまず10割の料金を施術者に支払う

2:9割の払い戻し申請をする

3:数ヶ月後に9割の料金が患者さんに戻ってくる

 

「受領委任払い簡易例」

 

1:患者さんから施術者が1割の料金を頂く

2:療養費支給申請書(いわゆるレセプト)用紙に署名(捺印)を頂く

3:施術者側がレセプト用紙を各保険者に提出

4:残り9割のお代金が数ヶ月後に施術者に振り込まれる

 

といった違いがあり

償還払いは患者さん側に

・一時的な自己負担が大きい

・手続きが面倒

・払い戻しまで2ヶ月程度かかります

といった負担や煩雑な作業が発生します。

 

更新日:

Copyright© 訪問鍼灸訪問マッサージ独立開業相談所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.