マインドセット 営業の色々 集客・営業

相手が主役営業

投稿日:

営業先で

うまくいかない

 

感じているあなたは

 

 

自分が主役になっていないですか?

 

自分が主役だと

自分が主語の会話になります。

 

・訪問鍼灸マッサージは・・・

・当店は・・・

・うちの特徴は・・・

 

つまり

 

・うちの治療院はこんなことが得意です!

・訪問鍼灸マッサージは1割負担なら320円で安価です!

・当院はリハビリに自信があります!

 

本当のことかもしれませんが

すべて自分側が主役です。

 

一方

相手を主役にしてあげる方法があります。

 

・(あなたが)○○をしていて何かお困り事はありますか?

・(あなたの所に)私のように訪問鍼灸マッサージの人って挨拶に来られるのですか?

・(あなたのように)ボランティアの部署を担当していると大変そうな気がするのですがお悩み事ってあるのですか?

などです。

 

ここで

1つ注意したいのは

 

相手を主役にして

悩み事を聞くんだよ・・・と

ノウハウを教えてもらって

 

いきなり

「お悩み事ありませんか?」だと

ちょっと相手は戸惑います。

 

ですので

主役の相手が答えやすいように

インタビューの様に

テーマを提示してあげます。

 

例えば

ケアマネさんなら

名刺交換後に

いきなり

「お悩み事ないですか?」ではなく

 

「私たちのような訪問鍼灸マッサージってまだまだ一般の人の認知度が低い気がしますが、ご利用者さんの中で使っている方とかいらっしゃるのですか?」など

 

この様にテーマがあれば

ケアマネさんもしゃべりやすいですし

 

「私の」お悩み事ではなく

使っていて(紹介して)

「ケアマネさんが」感じるお悩みなので

主役は

ケアマネさんの会話になります。

 

人間は基本的に

「自分のことばかり考えている生き物」です

つまり

「あなたが主役の話」を

聞かされるのは苦痛なのです

でも

「自分が主役の話」だと

話す気が起こるのです

相手が話してくれるから

こちらは

「楽」です

自分の職場でだって

同僚に悩み事を話せないのに

あなたには話せるから

ドンドン話したくなります。

そのお悩みを

解決できれば素晴らしい事です。

 

でも

「聞いてあげるだけ」でも

じゅうぶん信頼残高が100ポイント貯まります。

 

ここが

重要です。

相手を「主役」にしてあげましょう

高城

 

-マインドセット, 営業の色々, 集客・営業

Copyright© 訪問鍼灸マッサージ独立開業支援相談所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.